Help & Tips

基本タグ設置
Ptengineアカウントのプロファイルを接続した方向け

PtengineとPtengine Xタグの連携で、現在ご設定頂いているPtengineの解析コードもイベントも継続ご利用できますため、ご安心くださいませ。Ptengine Xでのデータは接続された時点から計測開始します。 

なおPtengine Xのサイト編集機能をご利用する場合、オリジナルページ表示問題(Google Optimizeでも同じ現象があります)を回避するため、最新PTタグではその現象に対し特殊処理しているため、こちらの設置をオススメです。

注:Ptengine Xの新規アカウントもしくはPtengineアカウントで登録し、新規プロファイル作成する場合はこちらをご参考ください。


最新PTタグのメリット

  • エンゲージ(キャンペーン)の表示が更にはやくなります。 
  • サイト編集するためのアンチフリッカータグ実装不要で済みます! 
  • 今後新規機能などの開発はこちらのタグを元に進めます。 
  • 更に最新タグ一つの設置で同時にPtengineとPtengine Xを計測することが可能になり、Ptengine Insight + Ptengine X Experience の最強の力を手に手に入れます! 

もちろん元Ptengineの解析コードを継続ご利用しても正常に計測されますが、サイト編集機能をご利用する際に、オリジナルページ表示問題(Optimizelyでも同じ現象があります)を回避するため、サイト編集するためのアンチフリッカータグ実装するようにお願いします。


元Ptengine解析コードと最新のPTタグの区別は? 

  • タグの設置場所が違う
    元Ptengine解析コードはサイトの<body>内に設置する必要がありますが、最新PTタグはサイト内の<head>内に設置する必要がります。 
    <head>内に設置することで、エンドユーザー側でCampaignの表示が更にはやくなります! 
  • 最新PTタグにサイト編集するためのアンチフリッカータグが入っている! 
    上記でもお伝えしたように、Ptengine Xのサイト編集機能をご利用頂く場合、エンドユーザーにより良いユーザー体験を提供するため、オリジナルページを表示させないような最新タグになっています。最新タグを設置するのみで、ご安心してご利用いただけます。 
  • 今後プロフダクトの更新は全て最新タグを元に更新していく予定です。 

最新PTタグを設置した場合、元Ptengineの解析コードを削除する必要がある? 

お客様サイトで設置されている旧Ptengine解析コードは一旦保留のままでお願いいたします。


最新PTタグの取得&設定方法

  • Ptengine Xへログインし、【データ管理】>>【トラキングタグ取得】 >> 【基本タグ】から取得できます。  
图形用户界面, 文本, 应用程序

描述已自动生成
  • 基本タグをコピーし、タグをお客様のサイトへ設置します。GTM設置もしくは手動設置どちらもで設置可能で、お客様のニーズに応じて設置するようお願いします。 
    Tips:Ptengine XではワンクリックでGTMまで連携しタグ設置可能になります。GTMをご利用している場合はGTMでの設置をオススメです。 
图形用户界面, 文本, 应用程序

描述已自动生成
Show More
この記事もおすすすめ
Close
Back to top button